峯丸ともか(ブルア)の映画&ドラマ手帳

映画レビュー&ドラマレビュー、執筆した記事などアップしていきます。

今年見た映画をレビューしていきたいのですが、全部は無理かも。とりあえず最新映画で気になったものを更新していきます。あとは、おいおいで!

『死霊館のシスター』脅かされる大好き!というお化け屋敷好きさんは、映画館にGO!

お題「最近見た映画」

f:id:blua:20181005132050j:plain

ちょっと~

めっちゃ怖かったんですけど……

「わっ!」とか、脅かされるの大嫌いなんで……

 

アナベル~死霊人形の誕生』を自宅で鑑賞し、アナベルの顔にハマったので、

続編ポイし見に行くか~

と気軽に映画館で観てしまいました。

侮ってました……今の映画館は、音も良くて臨場感あおりまくりです!

 

この映画、アメリカでは、かなり評価低いです。

IMDBというインターネットムービーデータベースでの評価は、5.8なのでかなり低め。

最高10点で、非常に面白くて8.0以上、かなり面白くて7点代、普通に面白くて6点代なので、5点代というのは、ほぼツマンナイレベルに該当しちゃいます。

 

日本の映画評論サイトfilmarksでは5点満点の3.5という評価。

filmarksは、評価が高めに出る傾向があるので、3.5というのも少し低い部類に入るかも。

 

わたし、おもしろかったです……

 

たしかに、みなさんレビューでおっしゃるように、「志村~うしろ!」的に、脅かされるタイミングはわかりやすい。

でも、わざと3拍ぐらいズラしてみるところが、「ああ、もう、くるくる!」的に恐怖感をあおり、ビビりには余計にビビらされるポイントとなっていました。

 

それに、あのお城みたいな修道院の雰囲気が、恐ろしくて……

映画の冒頭、神父(ダミアン・ビチル)とアイリーン(タイッサ・ファーミガ)が、ルーマニアについた時点から「もう調査とかいいから早く帰りなよ」って思ってました。

 

ヴァラク(悪魔が乗り移った修道女)の顔も、アナベルより全然笑えないし、

とにかく侮って観に行って、ボッコボコにヤラれて帰ってきました。

 

だから、逆に映画にストーリーの重厚さとかを求めない人や、

脅かされるの大好き!という人には、お化け屋敷のノリでめちゃくちゃ楽しめる映画です。

 

わたしは、ビビって2Dで観ましたが、

風ビュッ、椅子ガタガタッと、さらに恐怖をあおってくれる4DX上映なら、

「ひゃっほ~い!」っていうくらい楽しめると思います。

 

あ、それから、↓下に貼ってある予告編ですが、

「怖すぎる!」と苦情が殺到し、youtubeでCM禁止となってしまった

いわくつきの予告編なので、視聴の際はご注意ください!


映画『死霊館のシスター』本予告【HD】2018年9月21日(金)公開

 

2018年アメリカ 原題『The Nun』

コリン・ハーディ監督

 

 

wwws.warnerbros.co.jp