峯丸ともか(ブルア)の映画&ドラマ手帳

映画レビュー&ドラマレビュー、執筆した記事などアップしていきます。

今年見た映画をレビューしていきたいのですが、全部は無理かも。とりあえず最新映画で気になったものを更新していきます。あとは、おいおいで!

『マイ・プレシャス・リスト』女性監督が描く若い女子がほんわかとして心地よい

お題「最近見た映画」

f:id:blua:20181106224631j:plain

主人公キャリー・ピルビーを見ていて自分の20歳のころを思い出した。
大人になりたいけど、なりたくないし、
ならなきゃいけないのわかってるけど、どーしたらいいのか分からない。
それでいいんだよね。


1日で成長して急に大人になれるワケがないもん。


少しづつ経験して、恥かいて、徐々に大人になればいいんだよ。
って20歳の自分に言ってあげたくなった。


映画『マイ・プレシャス・リスト』主演ベル・パウリー コメント付き本予告

 

女性監督スーザン・ジョンソンが描く、若い女子のほんわかとした心地よさ。
主演のべル・パウリーのポカン顔も好き♡
脚本はドラマ『ギルモア・ガールズ』も書いてたカーラ・ホールデンってことで、笑いの要素も好みだった。

カフェでイケメンが近づいてきて、ナンパかと思ったら「イスいいですか?」とか(笑)

このシーンを、映画館の隣の席の老婦人がウケてて、なんかほっこり☺

 

キャリーは、IQ185で、ハーバード大学飛び級卒業の頭脳の持ち主だけど、

一番お気に入りの本は、「フラニーとゾーイ」(サリンジャー)というのが親近感がわく。

アメリカではいまだにサリンジャーって、若者のバイブルなんですね。

 

キャリーのリスト↓

f:id:blua:20181106225231j:plain

キャスティングしたのは、プロデューサーか、監督か分からないけど、

とってもセンスある配役!

特に男性キャストがみんな魅力的♡

 

キャリーとイイ感じになるお隣さんは、『ナルニア国物語』のピーター役ウィリアム・モーズリー

正装した姿もいいけど、路上で長い笛(ディジュリドゥを吹いてたヒッピーっぽい姿にやられました♡

大学教授はコリン・オドナヒュー。

ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』フック役の彼です。

ドラマとずいぶん印象が違うので気が付かなかった!

f:id:blua:20181106230638j:plain

ちなみに、この映画のチラシとってもカワイイです。

このチラシを見て、映画を観にいこうと決めました。

キャリーの服装や、部屋のインテリアなんかもセンスよくて、ストーリー以外にもそういうトータルパッケージがすべて好みだと、映画を見た後幸せな気分になりますね。

 

他の女子のみなさんと同様、年末までのプレシャスリストも手帳に書いちゃいます。

きっと。

とりあえず、キャリーのかぶってた白いニット帽っぽいやつ
今年の冬、買います👒

my-precious-list.jp

原題Carie pilby

スーザン・ジョンソン監督 アメリカ2016年